2000年1月のパスカルのおもちゃばこ


 こんにちは。 パスカルです。
この1ヶ月、家の中はクリスマスカラーやツリーやサンタの人形なんかでちょっといつもより賑やかだったよ。 今はもうお正月が近いから別の飾り付けになったけどね。
でも、この間病院につれていかれてイヤな思いをさせられて、やれやれと思ってた僕にはまたまた災難が起こったんだよ。
ある日「おみやげだよ」と玄関からパパが呼ぶから珍しくおで迎えにいったら、(パパが帰ってきたときには原則として僕はトコトコとは歩かないんだけどね)「ほらきれいなブルーだからパスカルに似合うだろう。イギリス製なんだよ。」とか言って、ひも状のものを僕の頭からかぶせ始めたじゃないか。
 自由権には身体の自由が含まれているって教わったこともう忘れちゃったのかなあ。 付いているひもがウザイし、おなかは何となく苦しいし、何より自由を愛する僕としてはたまらない処遇だったから、近所迷惑になりかねない声でギャオギャオ啼いてやったんだ。 甘ちゃんのパパはすぐにとってくれようとしたけど、かあさまは「少し慣れさせないとダメじゃない?」とか言って、パパの邪魔をしたんだよ。 この裏切り者!
で結局、その散歩用ひもはその後目の前から消えたんだけど、何日かすると今度はかあさまがブルーの首輪を買って来たんだよ。 かあさまはずるいよね。 「パスカルいい子だね。」とか言ってキュッキュッと抱っこしてくれる際に、しっかり僕の首周りのサイズを測ったりしているんだもんね。
でも、首輪の方は、かあさまが買ってきたからという訳じゃないけど、散歩ひもよりはマシで、少しは長い間やってても平気だよ。
「首輪をつけていないと、福岡で迷子になったら大変」とか「ひもが無いと途中で逃げた時に困る」とか家の人が言っているのを聞くと、この先どんなひどいことが起こるんだろう・・・・・とちょっと不安な日々なんだよ。

PS.このまえの日曜日、浦和ペット里親会に行ったんだ。 里親会のみんなが僕をみて「立派に成長したね」って言ってくれたんだ。 僕は犬がいたので落ち着かなかったけど、誉められてうれしかったよ。


つぎのぺーじ
ひょうしのページ