2002年5月のパスカルのおもちゃばこ


 こんにちは、パスカルです。
 5月になったね。今頃から、梅雨に入る前くらいまでのほんの短い間だけど、僕は初夏って季節が大好きだよ。僕はよそには出かけたくないから、ベランダから街の様子を見るだけなんだけど木々の葉っぱが生き生きとしてきて、本当に綺麗だね。「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」って句があるよね。
僕のいるマンションの庭にもいろんな木があって、寒い時には山茶花、ちょっと前は花ミズキ、今はサツキが見事だよ。南のベランダの側からは遠くの家のモクレンが臨めたし、・・・ちょっとした自然愛好家の気分。
あ、この間、今年初めてのツバメをベランダの窓越しに見たよ。スーッよ美しい線を描いて飛んでいくのがチラッと目に入ったから、「何?今のは?」って単なる好奇心で窓に張り付くようにして姿を目で追ったんだ。すると、すかさずかあさまが現れて、「こら、鳥を狙うのはやめなさい。第一、君にはつかまえられないヨ。体が重くて、敏捷さに欠けるんだから」とのたもうた。失礼だよねまったく。僕は美しい飛びかたをするものをよーく見たかっただけで、何も獲って食おうなんて思ったわけじゃないのにね。かあさまは僕がやること(やろうとすること)を何でも悪い方に解釈するんだ。いや僕だけじゃなくてパパも兄ちゃんもときどきその点では被害者になってるネ。おまけに断定癖があって、僕なんか「いつも腹ペコのぐうたら猫で、いくつになっても中味は赤ちゃん」と決めつけられているような気がして仕方がないんだ。
そのくせ、小さい頃の僕にいまだに執着があって、この間も生後1ヶ月くらいの僕の写真をみて「この頃は本当に可愛かった!!」と言ってたヨ。 誰だって放っといても大きくなるんだからね。僕も(はっきりしないけど)今日か明日か、3歳になるんだって。
兄ちゃんみたいに生クリームのたくさんついたケーキなんか欲しがらないけど、お祝いをくれるんなら初鰹・・・いや、お魚の缶詰でいいや。
             では又、来月ね。

つぎのぺーじ
今月のおもちゃ箱
バックナンバー
ひょうしのページ