2006年11月のパスカルのおもちゃばこ


 こんにちは、パスカルです。
 今年ももう11月・・・・・何だか1年て、たつの早いね。こんなふうに思うのは僕もちょっと年をとったってことかな? 7歳半になろうとする僕は「人間でいうならもうおっさんだよ」と兄ちゃんに言われたしなあ。そういえばパパも「パスカルももういい年なんだから、いつまでも甘えてばかりの赤ちゃんじゃおかしい」って言ってたし。でも、僕はいくつになろうと変わらないよ。「大きな赤ちゃん」を貫こうと思ってる。
 なんて勝手に宣言してしまったけど、家の人は僕のことをもう大人の猫と思ってるのか、最近よく長時間の留守番をさせられるんだ。 先日もパパとかあさまが又、家から消えた。兄ちゃんも大学から戻るのが遅い日で、僕は明かりの灯らない部屋で不安と戦ってたよ  。
 パパとかあさまは北海道に旅行に行ったらしい。泊まったペンションの飼い犬のゴローが可愛くてすぐ仲良しになったとか、ペンションには羊も2頭いて、メロンの皮を喜んで食べたとか「おいしい話」「楽しかった話」はしてくれたけど、僕には、ニシンとかイクラとかカニとかのお土産はなかったね!!
 でも何日かたって、あるダンボール箱をみつけた僕は狂喜乱舞しそうになった。だって、”海缶”ってキャットフードの缶詰の名前が箱のサイドに書いてあって”かつおとまぐろ 4P” ”80g×4缶/18パック”とか印刷されてたんだ。
「あ、北海道のお土産のかわりにこんなにたくさん缶詰を買ってくれたんだ!すごーい。」と思って、ダンボールをそっと足でつついてがっかりした!
空の箱だったんだよ。パパがどこかに何かを送るためにスーパーから貰ってきたらしい。んもうーっ!まぎらわしいものを持ってくるなよ。「アタック」とか「ソフラン」とか洗剤の名前でも入っていれば僕もぬか喜びはしなかったものを。
 今月も又、ふんまんやるかたない僕でした。
                        では又、来月ね。

つぎのページ
今月のパスカルのおもちゃ箱
バックナンバー
ひょうしのページ
パスカルはここから養子にきました